Category: インドネシア特集

特集:インドネシア共和国

2013年07月10日 category:インドネシア特集

インドネシア国旗 Republic of Indonesia
zenubud bali 1934DXP
zenubud bali 1934DXP / Zenubud

「大事な話がある」  そう前置きされるときは、大抵の場合が悪い話だ。
それなのに今日も、僕は随分と早く到着してしまった。
これではまるで、見当違いの期待を膨らませ、嬉々として飛んできたみたいだ。
僕は、君が来るまで店内を見下ろせるラウンジに身を潜めることにした。
君の姿が見えたら、息急き切って駆けつけよう。
こうして僕は、不恰好な姿をさらしながら「大事な話」を待つ。
開店の合図だろうか。深刻とは無縁の、スローな音楽が流れ始めた。


   
Indonesia-1017 / idirectori Bali sunset / Simon_sees Indonesia-4 / idirectori zenubud bali 0422DXP / Zenubud

多様性という言葉は、インドネシアのためにあるのだろうか。

青い海には1万数千もの島々が散らばり、300以上の民族が独特の文化を紡いでいる。聞き覚えのある島だけでも、首都ジャカルタのある「ジャワ島」、神々の島といわれる観光地「バリ島」、希少な動植物の宝庫「スマトラ島」、金や宝石が採掘され『ダイヤモンドの川』の意を持つ「カリマンタン」、香辛料の産地「マルク諸島」、世界中のダイバーが憧れる「ブナケン島」等々、かなりの個性派が揃う。すべての島を語り尽くすには、おそらく一生かかっても足りない。

赤道直下にも関わらず万年雪の高山がそびえ、地球上の熱帯雨林の約10%を占めるといわれるインドネシア。火山、遺跡群、動植物、伝説のミステリースポットなど、その絶景は整理前のアルバムの如く、バラエティに富む。それでも、ここがひとつの国だと実感する理由は、全てが「自然」というキーワードで強く結びついているからかもしれない。

国民の約8割がイスラム教徒で、見栄を張らず堅実ともいわれるインドネシアの人々。多様性の向こう側に見えるその表情を、あなたの目で確かめて欲しい。

意外と知らない!海外旅行保険の「リピーター割引」とは?

travel

インドネシアで発見!世界最大の花

2013年07月10日 category:インドネシア特集

 
Rafflesia micropylora / algodong  Rafflesia kerii / Suresh Aru

旅の醍醐味は、その国ならではの「世界一」を見ることだろう。たとえガーデンニングに関心がなくても、きっと釘付けになるのがこれ。南スマトラに自生する世界最大の花「ラフレシア」だ。残念ながら、可憐とか清楚という言葉は似合いそうにないが、並々ならぬ生命力を感じることは確か。もしかしたら、ファンタスティックな世界への入口かもしれない。ラフレシアはジャワ島のボゴール植物園でも見ることができる。

家族と相談しながら保険商品をじっくり検討したい方へ

aioi

Close up!食の都バンドン!

2013年07月10日 category:インドネシア特集

インドネシア バンドン  インドネシア バンドン2

今回は、インドネシア・ジャカルタ在住のbiancamamaさんのレポートを参考にしながら、食の都「バンドン」をご紹介します!

バンドンはインドネシア・ジャワ島西部の都市。芸術家など多くの文化人が集まることでも知られており、政府庁舎などのアールデコ調の建築物が建ち並ぶことから「ジャワのパリ」というオシャレな別名もあります。

そして、なぜか甘党が多いジャワ島。ここバンドンでも、魅力的なスイーツショップやカフェがあちこちに点在しています。今回biancamamaさんが紹介してくださったのは、写真左のベーカリー「mom’s」。元々は地元民しか知らない小さなベーカリーだったのですが、次第に口コミで広まっていったのだそう。インドネシアは井戸端会議を重視する国だと聞きますが、果たして関係あるのでしょうか?

また、ブラウニーで有名なカルティカ・サリ(写真右)もバンドン土産の定番です。biancamamaさんのお勧めは「黒米のシフォンケーキ」。カルティカ・サリには、甘さを控え日本人にも受け入れやすい焼き菓子が豊富です。

そして、甘いものだけではなく、お食事も楽しむなら、風の抜けるオープンテラスが自慢のレストランfashion pastaがお勧めです。以前から夜景スポットとして評判だった店ですが、今ではランチから利用でき、お味もお値段以上のクオリティです。

バンドンでは、レタスなどの高冷地野菜の栽培が盛んということもあり、ジャカルタに比べて野菜を使ったメニューが美味しいといわれます。fashion pastaでも、野菜の旨みがたっぷり詰まったミネストローネが絶品なんだとか。

インドネシア バンドン3  インドネシア バンドン4

ところで、せっかくインドネシアを訪れたなら、現地特有の料理を味わいたいものです。インドネシアの主食は日本と同じく米で、調味料にも甘口の醤油などが使われるのですが、香辛料をふんだんに使ったスパイシーな料理が中心です。

代表的なものは、皆さんよくご存知の「ナシゴレン=焼き飯」や「サテ・アヤム=鶏肉の串刺し」などです。多民族の文化が交錯するインドネシアでは、スンダ料理、バリ料理、ジャワ料理、パダン料理など、地方によって微妙にスタイルが異なります。例えばバンドンのあるジャワ島の料理は、仏教やヒンドゥー教の影響を受けた歴史的背景もあり、肉類よりも野菜が中心で、辛味も比較的マイルドです。

先日テレビで、甘味と辛味のバランスによって、食べ物の「やみつき」具合が決まる、という研究結果が報じられていましたが、スイーツと香辛料のどちらも充実しているインドネシア料理は、まさにこの「やみつき」の法則にぴったり。インドネシア料理にハマってしまう人が多いのも頷けます。

食の都バンドンへは、ジャカルタから車で3時間ほどで行くことができます。現地在住の方によると「TRAVEL」という小型バスを利用するのが便利だそうです。ぜひ足を延ばして、皆さんも「やみつき体験」してみませんか?

ガンと徹底的に闘うための心強い味方

golf

おとな旅★長期滞在

2013年07月10日 category:インドネシア特集

時間やお金にはゆとりがある。そんな今なら、夢が叶えられるかもしれません!

あなたはどのタイプ?

【タイプA】 海外で語学力を磨きたい!
日本人に人気の留学先はカナダニュージーランドハワイイギリスなどですが、大人留学のコツは、なるべく同世代が多く在籍する語学学校を選ぶことなんだとか。違う世代の学生とも積極的にコミュニケーションをとりたいものですが、やはり余暇時間になると世代毎にグループができてしまいがち。楽しい留学生活を送るためにも、孤立することのない環境を準備することが大切です。

【タイプB】 本場で技術を習得して趣味を極めたい!
最近は語学だけではなく、趣味を充実させるためのおけいこ留学が盛んです。料理お菓子作りをはじめ、アロマテラピーマッサージなどを本場の空気を感じながら学び、帰国後に仕事として役立てる方も多くいらっしゃいます。留学斡旋会社の中には、オーダーメイドのプランに対応し、サポートしてくれるところもあります。

【タイプC】 現地の暮らしをのんびり満喫したい!
時間とお金にゆとりがある場合、勉強が目的というよりは、海外生活そのものを楽しみたいという方も多くいらっしゃいます。有名な観光地ではなく、地元の人が通うスーパーマーケット市場の情報、交通機関の使い方、気をつけておきたい現地の習慣などを細かく情報収集して、ロングステイに備えたいものです。

次回は、海外で実際に役立つ「英会話」のワンポイント・レッスンを行います。お楽しみに!

夢を実現させるための海外旅行保険!今すぐ詳細をチェック!

long

 

外務省情報(2013.7.10付)

2013年07月10日 category:インドネシア特集

最新情報は外務省ホームページでご確認ください!

【重要】
もしかして犯罪に加担していませんか?
ワーキング・ホリデー制度による渡航者へのご注意!
海外旅行保険加入のおすすめ

【海外安全劇場】
必見!あらゆる犯罪事例をムービーでご紹介!

なぜ君が狙われるのか

【スポット情報】
2013/07/09
エジプト:シナイ半島を含むエジプト全土における治安情勢に関する注意喚起
2013/07/08
インド:東部ブダガヤにおける同時多発爆弾テロ事件発生に伴う注意喚起

【危険情報】
2013/07/08
ボスニア・ヘルツェゴビナに対する渡航情報(危険情報)の発出
2013/07/08
キルギスに対する渡航情報(危険情報)の発出
2013/07/06
エジプトに対する渡航情報(危険情報)の発出
2013/07/04
カンボジアに対する渡航情報(危険情報)の発出

travel2

お問合せ
ページ上部へ
RSSリーダーで購読する