Category: スイス

ゴッタルドベーストンネル ラッピング電車 ♪@スイス

2016年06月01日 category:スイス | 世界の街から

スイス在住のApfelさんのブログよりお伝えします。これまで世界最長だった青函トンネル(全長53.9キロ)を抜いて、全長57キロの世界一長い鉄道トンネル「ゴッタルド・ベース・トンネル」が開通するそうです。開通すればスイス・チューリヒーイタリア・ミラノ間の移動が1時間短縮されるそう。アルプス山脈の下を通る世界一長いトンネル。開通記念の列車をご覧ください。

 


★★★

0eedb3bd-s

いよいよ6月1日に、

世界最長の「ゴッタルドベーストンネル(ゴッタルド基底トンネル)が

開通します。

このトンネルは鉄道用のトンネルとしては世界最長で、

全長57キロのトンネルです。

青函トンネル抜き世界一 スイスの鉄道トンネル、6月1日開通(AFP BB News)

トンネルの開通が間近に迫り、スイス国内での注目度も更に上昇中。

数ヶ月前にSBB(スイス国鉄)が募った、

「ゴッタルドベーストンネルを最初に通る電車に乗車しよう!」

という企画ツアーの抽選は、ものすごい倍率だったのだそうです。

そんな中、

昨日チューリッヒ駅(HB) からルツェルン駅まで

たまたま乗車した電車の先頭が、

ゴッタルドベーストンネルのプロモーション用に描かれたラッピング車両でした。

c3446ee6

e8ceef35-s

4466ba52-s

スイスの電車やトラム(路面電車)は、

企業が宣伝のために広告を載せた、

車体自体にラッピングされているラッピング電車もよく目にしますが、

長距離路線の特急電車には、

先頭にラッピング車両が付いた電車をしばしば見かけます。

以前、

日本スイス国交樹立150周年を記念するラッピング車両を目にした事がありましたが、

その “ゴッタルドベーストンネル” バージョンです!

(日本とスイスの記念ラッピング車両の過去のブログ記事はこちら)

日本スイス国交樹立150周年記念のラッピング電車、遂に出会えた〜!


17年の長い年月をかけて工事されたゴッタルドベーストンネルは、

いよいよ来週開通です!!

スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報満載!

Apfelさんのブログ『スイスの街角から』こちら

 

投稿ゴッタルドベーストンネル ラッピング電車 ♪@スイス海外旅行保険 の最初に登場しました。

ドイツへ日帰り、秋晴れのコンスタンツへ ♪@スイス

2015年10月28日 category:スイス | ドイツ | 世界の街から

スイス在住 Apfelさんから届いた情報をお届けします。国境を越え、ドイツへショートトリップに出かけ、移ろい行く季節とショッピングを楽しんだようです!

 

 

昨日は久しぶりに国境を越え、

秋晴れのドイツ・コンスタンツを訪れました。

普段はチューリッヒ湖畔の自宅から週末を利用して、

夫 Banana と共に車で出かける我が家ですが、

今回は平日の一人旅であったため、電車を利用して出かけました。

チューリッヒからコンスタンツまでは、

約1時間ごとに直通の電車が運行されており、

チューリッヒ中央駅(HB)からは1時間17分でコンスタンツ駅に到着です。

 

462dee1d-s

 

スイスとドイツの国境は、

ひとつ手前のクロイツリンゲン(スイス側の国境駅)ですが、

電車の最終目的地がコンスタンツ止まりであるためか、ここでは 特に国境係員のチェックも無く、

通常のスイスの駅同様、クロイツリンゲンで停車した後、そのまま素通りでした。帰りも同様です。(スイスからイタリアやフランスへ出る場合の特急列車の車内では通常、

国境駅で係員が電車内に乗り込んで来て、目で乗客の確認をします。稀に口頭で質問を受ける事もあります。)

到着後、散策日和の晴天でもあったし、

まずはコンスタンツ湖のほとりにある公園を歩いてみました。

 

902ecf44-s

 

春から夏に訪れると、美しい花々が咲くこの公園ですが、

昨日の湖畔の風景はすっかり秋です。

晴れてはいたものの気温はかなり低く、10℃以下でしたが、

それでも公園のベンチや湖畔にたたずみ、

名残惜しい秋の風景をくつろぎながら楽しんでいる人々がいました。

 

fa20ca7e-s

 

湖から旧市街へと移動し、街を散策。

旧市街からはショッピングストリートへと続きます。

 

799c27d1-s
いつもはスイスよりも物価の安いドイツへ、

 

Banana と共に国境超えショッピング目的で訪れる事が多いのですが、

昨日は自分ひとりで時間の制限も無く、きままな思いつき旅でもあったので、

歴史の深い街をゆっくりと歩いてみました。

 

e11c722a-s

 

木々の葉も紅葉していて、綺麗です。

 

b8d262c6-s

ccf27070-s

19d30c3a-s

7d05e288-s

 

今回の旅の目的はお買い物ではなかったはずなのに、

やはりスイスよりも価格の低いお店の中に入ってみると、

(最初はウィンドウショッピングのつもりが)

やはり体の中から、フツフツと購買意欲がわき出てしまい、

真冬になる前、ちょうどこの季節に、

タウンウェアーとしてカジュアルに着用するのに欲しかった、

ダウンジャケットを衝動買いしてしまいました〜。

 

a76fabc1-s

 

スイスでは食品とワイン、その他の日常品以外、

ショッピングには全く興味の無い自分ですが、

スイスを一歩出ると、その反動なのか、

買い物意欲が全開になってしまいます(苦笑)

まあ、たまにはこういうのもアリかな!?

よく歩いたので、この日もポスチュアウォーキングで1万歩達成!

自分なりには、とても充実した秋の1日でした。

 

 

 

秋でも10℃以下!かなりひんやりしていますね~。空は澄んでいて美しいです。
Apfelさん、ありがとうございました!
スイス在住 Apfelさんのブログはこちら

 

 

投稿ドイツへ日帰り、秋晴れのコンスタンツへ ♪@スイス三井住友海上海外旅行保険 の最初に登場しました。

衝撃的なものを見た!スーパーの刺身@スイス

2015年04月02日 category:スイス | 世界の街から

今回は、スイスに暮らすApfelさんからのレポートをご紹介します!   先日立ち寄ったスイスのあるスーパーで売られていたものに、衝撃を覚えました。それは何かというと、冒頭の写真、サーモンのお刺身!?のようなもの […]

投稿衝撃的なものを見た!スーパーの刺身@スイス三井住友海上 海外旅行保険の最初に登場しました。

スイス版「キラキラネーム」が出現?!@スイス

2015年02月02日 category:スイス | 世界の街から

1000362_558846464195863_744001249_n

今回は、チューリッヒ在住のApfelさんから、子どものお名前事情をご紹介頂きました!   数日前に目にしたフランスでの出来事のニュースで、子供につける名前の善し悪しについて、興味深い記事を読みました。子どもにチ […]

投稿スイス版「キラキラネーム」が出現?!@スイス三井住友海上海外旅行保険の最初に登場しました。

水の中にマッターホルン!@スイス

2014年10月14日 category:スイス | 世界の街から

今回はチューリッヒ在住のApfelさんから、スイスならではのペットボトルのご紹介です!

d04b0692-s

一昨日にスイスへ到着後、

今回は時差ボケを感じる間もない程、バタバタとしています。

昨日は重要な所用のため、

チーリッヒから特急電車でベルンまで足を伸ばして来ました。

これはスイスに限らず、どの国でも同じであると思うのですが、

車内販売だと割高なので、

電車に乗車する前に、スーパーでミネラルウォーターを購入。

 

 

7badbc4b-s

すると、ちょっと珍しいタイプのボトルを発見!?

以前にも購入した事のあるブランドのはずなのですが、

しばらくの間、

スイス―日本を行ったり来たりしている間に

ペットボトルのデザインが変更されたのか?

それとも以前も同じで、

単に自分が気づかなかっただけなのか??

水の中に、

マッターホルンが浮き上がったボトルでした!

もちろんお水の味は同じなのですが、

コレをなんだかとっても気に入ってしまった私・・。

「ああ、スイスに戻ってきたな〜。」

と、感じた瞬間です ♪

 

スイスのことが良く分かる!Apfelさんのブログ

 

スゴイ電車が登場!(国交樹立150年)@スイス

2014年10月09日 category:スイス | 世界の街から

今回は、スイス在住のApfelさんから、素敵な記念列車を紹介して頂きました!

SBB-Re-460-036-Welcome-to-Japan-79548_04

(写真は bahn ONLINE.ch より)

日本スイス国交樹立150周年を記念して、すごい電車が登場しました〜。

この記念電車は8日にチューリッヒ中央駅にお目見えし、

ホームに展示されていたのだそうです。

私は今日(スイス時間 8日)

友人との待ち合わせで中央駅にいたのですが、

まさかこんな電車がホームに停車していたとは知らず、

とても残念な事に見逃してしまいました〜!

きっと近いうちに実際に目にする日もやって来ると思いますので、

その際にはこのブログでもリポートし、

近々みなさまへお伝えしたいと思います。

 

チューリッヒ湖のほとりに暮らすApfelさんのブログはこちら

 

スワロフスキーの冷房システム@スイス

2014年05月12日 category:スイス | 世界の街から

今回は、スイス在住Apfelさんからスイス企業「夏のアイデア」のご報告です!

021ed745-s

チューリッヒ湖畔の街でひときわ目立つ、

「スワロフスキー」スイス本社ビル。

90003006-s

この会社の冷房システムには、  

湖畔に位置する建物、独特のアイデアを取り入れています。

そのアイデアとは、

夏になると湖から水を引いて冷却し、冷房として利用されているのです。

間もなくスイスにも暑い夏がやってきますが、

気温が上昇すると冷たい湖水をポンプで汲み上げて浄化し、

それを社内に循環させて冷房として使用。

その後は湖の平均水温に戻して、再び放流するのだそうです。

この冷却システムはチューリッヒ湖畔のみならず、

レマン湖半のいくつかのホテルや施設でも取り入れられているとの事。

チューリッヒ湖畔の町にも、

同様のエコシステムを利用している複数の企業があり、

私の夫 Banana の勤務する会社でも、

同じ方法を取り入れているそうです。


それにしても、冷房にも湖水を利用してしまうなんて、

スイスならではのユニークなアイデアとテクノロジー!

スイスだな〜と感じるシステムの一つです。

スイスの風を感じる!Apfelさんのブログ

今話題のお土産!@スイス

2014年03月10日 category:スイス | 世界の街から

今回は、スイス・チューリッヒにお住まいのApfelさんから、おすすめ土産のご紹介です!

10bdd12a

スイスにご旅行に来られたみなさまや

スイス在住者が日本へ戻る際、

時間をかけて考える事のひとつがお土産選び ♪

スイスから日本へのお土産・・と、ひと言で言っても、

それが観光で一度限りスイスをご旅行される場合、

旅行のリピーターの場合、

スイスに1〜2年の短期滞在での本帰国の場合、

更には私たちのようにスイスに長期間住んでいて、

年に何度か日本へ帰省する際のお土産・・と、

いろんなシチュエーションによってお土産選びも異なってくるのですが、

過去には自身の10年間の体験から、

おすすめのチョコレートやチーズ など、

スイス土産の王道と呼べそうなものからレアな内容のものまで、

このブログ記事にて日本へのお土産で喜んでいただけたものを

おりに触れてご紹介して参りました。

(下記はご紹介させていただきました内容の一部を掲載した過去の記事。)

スイスから日本へ、喜ばれるお土産

今回、上記に加えてご紹介したいのが、

最近スイスでの日本人仲間の友人たちとの間で

これが良い!

と話題にのぼっている、”ヴィクトリノックス” のキッチンナイフ。

4022046a

 

ヴィクトリノックスと言えばスイスアーミーナイフで有名で、

スイスでお土産物屋を訪れれば、

いろんなツールを搭載した

それは多くの種類のアーミーナイフを目にするのですが、

日常生活の身近な実用品としておススメなのが、

この会社の小型キッチンナイフなのです!

私もスイスに住み始めた頃から愛用しているのですが、

おそらくどの小家庭にも必ずや数本はあるであろう、このナイフ。

見た目は小型ですが、

さすがはヴィクトリノックスの商品、切れ味が抜群。

私が気に入ってずっと使用しているのが、

刃がギザギザになっているタイプのもの。

小型とはいえかなりシャープなので、

自分の指をザックリやってしまわないよう、

取り扱いには細心の注意が必要なのですが、

フルーツや野菜からお肉まで・・。

本当になんでも良く切れるスグレモノ!

私はこれを数本使い分け、

魚を切り分ける際の刺身包丁以外はほぼこれですべてを料理します。

ヴィクトリノックスの商品はスイス土産として最適なのですが、

アーミーナイフのイメージが強く、

アウトドアーにさほど興味のない方々へのお土産には

あまり適していないような印象もあったのですが、

お土産にするには地味な印象もあったこのキッチンナイフは、

昨年あたりから持ち手の部分が色とりどりとカラフルなものが発売され、

(写真の色の他、緑、黄色など)

特に主婦のお友達へはお土産にしても喜んでいただけそうで、

女性へのお土産リストに急上昇!

しかも物価が高いスイスで、

ありがたい事にこの商品は意外にお手軽な価格で購入できるのですが、

お店の日本サイトをチェックしてみると、

日本国内での販売価格はスイスよりもかなり高額なので、

スイスからにお土産にするには、

ご旅行のみなさまへもお土産リピーターへもおススメだと思います。

7c54c8f2

 

ミグロ(MIGROS)などのスーパーでも購入は可能ですが、

上記で取り扱っている商品は、柄の部分が黒のものがスタンダード。

カラフルバージョンは町のお土産屋さんや、

ヴィクトリノックスのスイスアーミーナイフを専門に取り扱っている

お店にて購入可能です ♪

★スイスの暮らしがよくわかる!Apfelさんのブログ
http://blog.livedoor.jp/erdbeere0712/

国歌の一般公募!@スイス

2014年01月06日 category:スイス | 世界の街から

今回はスイス在住Apfelさんから
新年のびっくりニュースを紹介していただきました。

ce784dc0

 

昨年の終わりに近づいた頃、

思わず、

「えっ〜!? 」

と声をあげてしまった驚くニュースを目にしました。

建国記念日やアイスホッケーの試合の前など、

必ず耳にするスイス国歌。

(私にとっては耳にする、スイス人たちにとっては唱う・・。)

記念の式典や催し等があると、

ブラスバンドが演奏し、一同で合唱する国歌。

10年も住んでいると自然とメロディだけは頭の中に焼き付いている

彼らの国歌なのですが、

このスイスの国歌をリニューアルすべく、

今年 2014年 1月より、民間から一般公募されるというのです。

そのニュースとはこちら ↓(英語)

Competition for new Swiss anthem set to start(The Local)

 

スイス連邦は1848年に設立され、

現在使用されているスイス国歌が1981年に制定。

しかし今現在のスイスの国歌は、

公式には「スイスの詩篇」と呼ばれる、

1841年に司祭によって、

音楽への信心深さや宗教心等を詩に設定し

書かれた歌詞が礎(いしずえ)となっており、

その内容は “神”、”山” などをテーマに構成され、

少々古めかしい歌詞なのだそうで、

愛国心の強いスイス国民にとっても、

どうやら馴染めないものであるのだそう。

 

時代はめくりめき、

スイス人であっても現代人には理解するには難しい歌詞や、

古い表現が使用され、もはやその歌詞を覚えられない、

4番まである歌詞の中でかろうじて記憶出来ているのが1番だけ・・。

という状態なのだそうです。

今年1月1日からスタートした一般公募は6月30日まで受付で、

応募の資格は国籍には関係なく、

今現在スイス在住者であれば誰でも応募は可能との事。

 

余談ではありますが、

そう言えば数年前の建国記念日、

現在私の住む湖畔の町の地元の式典に、

地域住民であるスイスの人々は一同に集い、

彼らがどんなお祝いをするのかとやや興味本意もあり、

(私も住民であるため、一応参加資格は有り)

夫 Banana と共に参加をしてみた事があるのですが、

その際、国歌が斉唱される際には

みんな歌詞の書かれた紙を見ながら唱っていた事を思い出しました。

ちなみにこの “国歌” の歌詞が書かれた紙は、建国記念日は近づくと、

毎年自治体から自宅のポストに配られます。

(ご興味がおありの方は、

こちらの過去のブログ記事 に記述しています。)

 

もうすぐスイスの建国記念日

1841年に作られた詩を基に作られた現在の国歌、

いくら古き伝統を重んじる人々の多いスイスとはいえ、

その内容は確かに古すぎるのかもしれません。

歌いたくても歌えない!?

そもそもスイスの国歌の歌詞を全く理解できていなかった

ガイコク人である私には想像をしえないフラストレーションを、

スイス人達は抱えていたのかも!?

 

応募された国歌は厳選なる審査の後、

10作品が最終の候補に選ばれ、

その中の最優秀の1作品を優勝作品とし、

優勝賞金1万フラン

(日本円で 約 117万円 / 2014年1月現在の換算レート)

が与えられ、

その後スイス議会で正式に承認後、

晴れて新しいスイス国歌として認定されるのだそうです。

さて、どんな作品が新しいスイスの国歌として選ばれるのか、

外国人の私としても、ちょっと楽しみです。

 

★スイスの様子がよく分かる
Apfelさんのブログ⇒ http://blog.livedoor.jp/erdbeere0712/

クリスマスのメルヘン路面電車@スイス

2013年12月11日 category:スイス | 世界の街から

984f1a6f-s

今回はスイス在住のApfelさんから
クリスマスの路面電車を紹介していただきました。

a654c6b6-s

 

チューリッヒの街を市民の足として日夜走り続ける走るトラム。

(トラム=路面電車)

 

市内各所に網羅されたトラムのラインは町中のどこへ出かけるのにも便利で、

無くてはならない存在であるのですが、

そんなスイスの街角で、

クリスマス前の子供たちのお楽しみ、

「メルリトラム」が今年もチューリッヒの街を走っています。

 

『メルリ ( Märli )』 とは、

ドイツでのメルヘン ( Märchen ) の “スイスドイツ語” バージョンで、

『トラム(Tram)』は路面電車を意味し、

“メルヘンチックな路面電車” と言う意味合いの

このクリスマス限定トラムは、

4歳から~10歳の子供たちを対象にクリスマス前の

11月最終週から約1ヶ月間、

一部の日曜日を除き毎日チューリッヒの街を走ります。

 

メルリトラムがスタートしたのは1958年の事。

55年間もの長きに渡り毎年、

クリスマスで賑わう市内を子供たちの夢を乗せて走っているこのトラム。

トラム自体は約100年も前に造られた年代物で、

クリスマスの前にだけ毎年街にお目見えします。

 

トラムに乗車できる乗客はチケットを確保できた子供たちだけ。

チケットの料金は8フラン(約 900円 / 2013年12月現在)

人気のこのトラムは発売と同時にチケットが売り切れになる事も多く、

親たちは子供たちを喜ばせようと、並んでチケットを入手!

親が何とかして手に入れたチケットを持った子供たちだけが

メルヘンの世界を体験できるという、

実は過酷な裏事情があったりも・・。

 

夢のトラム内ではサンタのコスチュームを身に着けた

“サミクラウス”(= スイスのサンタクロース)役の運転手と、

天使役の女性2人の大人が3名、あとは10人の子供たちだけ・・。

約20分のメルヘン電車の旅の途中には、

天使たちが絵本を読聞かせたり、

みんなで歌を歌ったりして過ごすのだそう。

 

先日、週末の土曜日に街に出た際、

ちょうど集合場所となっているベルビュー

(チューリッヒ市内の湖畔エリア)で、

そのトラムの出発の場面に出くわしました。

984f1a6f-s

行ってらっしゃーい。

しばしの間、子供たちだけの短い路面電車の旅の始まりです。

b4aa988b-s

 

 

e9fe0651-s

毎年この路面電車を目にする度、

クリスマスが近づいて来た事を実感するチューリッヒの街。

 

子供たちだけではなく、

大人の心をもなぜか温かくしてくれるこのメリルトラム。

変わらないここスイスで、

ず〜っと子供たちの夢を乗せて、走り続けて欲しいものです。

 

★スイスの様子がよく分かる
Apfelさんのブログ⇒ http://blog.livedoor.jp/erdbeere0712/

お問合せ
ページ上部へ
RSSリーダーで購読する