Category: セドナ特集

特集:セドナ

2012年11月26日 category:セドナ特集

 sedona

Sedona’s Red Rock / laszlo-photo

あまり多くを語らなかった人は
去った後に色んなことを考えさせる。

君が残した小さな箱には
古い写真の束が入っていた。
でも、僕らを写したものは
ただの一枚もなくて
どこだか判らない路地や
空の写真ばかり。
唯一、赤い岩肌の風景だけが
僕の知っている場所だった。

セドナは呼ばれて行くものだという。
ときには、こんな出発も悪くない。

Close up セドナ!「世にも不思議な7つの池」

2012年11月26日 category:セドナ特集


今回は、marronさんのセドナ旅行記をご紹介します。

セドナはアメリカ・アリゾナ州の中北部の街。州都フェニックスから車で2時間ほどのところにあります。小さな街ながらも、大地からの強力なエネルギーが渦巻く場所として、世界中の人々が癒しや浄化を求めて訪れます。今年、2回にわたってセドナを訪ねたmarronさんも、この地で並々ならぬパワーを浴びたひとり。自身と存分に向き合う旅となったようです。

パワーに満ちあふれているセドナでは、いたるところに自然界の不思議な現象が見られます。この小さな池の写真もそのひとつで、ネイティブアメリカンが聖地として大切にしてきた「セブンブルース」(またはアパッチ族の7つの池)と呼ばれる場所です。雨水や雪解け水が回転して渦を作り、大地に7つの穴を開けているのだとか。不思議なことですが、どんなに晴天が続いても、この水は干上がることがないそうです。

 

ねじれて生えている樹木や、4大ボルテックスの1つでベルの形をした岩「ベルロック」なども、この地に存在するエネルギーの表れです。ちなみにボルテックスとは、地球のエネルギーが渦を巻くように発生する場所のこと。地質学、考古学的にも貴重な史跡が多いといわれるセドナでは、自然の成せる業が人間の想像を遥かに超えてしまうことを、その身をもって語っています。※4大ボルテックス(ベルロック、エアポートメサ、カテドラルロック、ボイントンキャニオン)

これはmarronさんが街で遭遇した宇宙人!どうやらUFOセンターのオブジェのようです。彼らがこれほどまでに違和感なく溶け込んでいるのも、霊験あらたかなセドナならではでしょう。夜にはUFOツアーなるものも開催されているとか。

地球の景色は「見えるもの」だけで彩られているわけではないんですね。それを実感する街、セドナです。

いろんな国をご紹介!「Close up!」はこちら

ガラガラヘビも登場する!ホビ族の儀式とは?

2012年11月26日 category:セドナ特集



Native American Headdress / Chris. P

自然との調和を考えるとき、ネイティブアメリカンの存在は欠かせません。

セドナから車で3時間程のところに、「ホビ族」の居留地があります。彼らはネイティブアメリカンの一部族で、マヤ文明の末裔ともいわれています。「ホビの予言」などでその名を耳にした方もいらっしゃるかもしれません。ホビ族の暮らしは「カチナ=katsina」という精霊の信仰に支えられています。伝承のために作られ始めた「カチナ人形」も、今では彼らの貴重な収入源。その芸術性が高く評価されています。また、ホビ族は「水」との関係が密接な部族だといわれます。たとえばホビ族の農業は雨水のみに頼る自然農法。彼らの作るスイカやメロンは大変美味しいと評判です。しかし、恵みの雨がいつも思い通りに降ってくれるとは限りません。そこで行われるのが「祈りの儀式」なのです。


katsina doll / sarcozona  カチナ人形

ホビ族は、暮らしの中で様々な儀式を行います。ガラガラヘビを口にくわえて踊る「蛇祭り」もそのひとつです。一説によると16日間も続くこの祭りは、豊作のための雨乞いが目的。事前に蛇を集めて祝福し、色々な儀式を経て祭りのクライマックスへと向かいます。猛毒の蛇をくわえて平然とダンスをするなんて、かなりの度胸です。しかし考えてみれば雨を乞うこと自体が命がけ。化学肥料に頼らず作物を育むホビ族にとって、自然界に生きる他の動物達の声に耳を傾けるこの儀式は、至極当然の営みなのかもしれません。これらホビ族の儀式は、基本的に非公開です。過去に訪れた観光客が無断で色んな箇所を撮影したことから、伝統の保全のため撮影禁止となった経緯があるのです。メモやスケッチも原則禁止。ツアーなどで見学できるのは比較的宗教色の薄い儀式です。

「ホビ」とは「平和の民」を意味します。一線を越えることなく、静穏に見つめる旅人でありたいものです。

そんなセドナに「ロングステイ」したくなったら

妥協しない!モノ選び 「スーツケース」

2012年11月26日 category:セドナ特集

長年各国に付き合わせて、そろそろ「相棒」にガタがきていませんか?

王道ではありますが、あえてACEバッグのプロテカシリーズを推薦します。指1本でも持てるほどに軽量なのが最大のポイント。カバン選びの鉄則は、やはり「持っていて疲れないこと」ではないでしょうか。キャスターも滑らかで、大容量のわりに扱いやすいスーツケースです。決め手は「日本製」という安心感。「送料無料」のサービスも背中を押してくれそうです。

外務省情報(2012.11.26付)

2012年11月26日 category:セドナ特集

最新情報は外務省ホームページでご確認ください!

【重要】
(NEW)短波ラジオの重要性を見直してください!
(NEW)税関手続きを甘く見てはいけません!
海外旅行保険加入のおすすめ

【スポット情報】
2012/11/23
タイ:反政府集会の実施に伴う注意喚起
2012/11/22
イスラエル:テルアビブ市内における爆弾テロの発生に伴う注意喚起

【海外邦人事件簿】
見知らぬ町で立ち往生!

【危険情報】
2012/11/19
イスラエル及び西岸・ガザ地区に対する渡航情報(危険情報)の発出
2012/11/15
ベネズエラに対する渡航情報(危険情報)の発出

お問合せ
ページ上部へ
RSSリーダーで購読する