Category: フィレンツェ特集

特集:フィレンツェ

2014年01月22日 category:フィレンツェ特集

イタリア国旗
Firenze
Firenze / Elescir

「あの辺り」と君が指をさす。
上の空だった僕には
何のことだか分からない。
君の顔を覗いて
疑問符を投げかける。
溜息を吐いた君の指先が
再びこの街のどこかを示す。
眺めが気に入ったのだろう。
僕はとりあえず頷く。
すると君は思いのほか喜んだ。
こんな曖昧さのせいで僕は
後々大変なことになる。

Summer vacation 2006 in Italy -Firenze- Summer vacation 2006 in Italy -Firenze-
Summer vacation 2006 in Italy -Firenze- Il duomo di Firenze
Summer vacation 2006 in Italy -Firenze- / skyseeker Summer vacation 2006 in Italy -Firenze- / skyseeker
Summer vacation 2006 in Italy -Firenze- / skyseeker Il duomo di Firenze / .v1ctor Casale

イタリア・トスカーナ地方の中心都市、フィレンツェ。
断言するが、この街を歩くことは、芸術作品の一部になることである。
 
想像力さえあれば、物語の主人公として街角に佇むことが可能である。自身の見かけなど、この際どうでもよい。ルネサンスの薫る美しき街フィレンツェにおいて、それは許される空想であり、心に浮かぶ優雅な世界を禁じることなど、誰にもできない。
 
フィレンツェ観光は、4つの地区を知ることから始まる。中心地ドゥオーモのある「サン・ジョバンニ地区」、中央市場に近い「サンタ・マリア・ノヴェッラ地区」、ダ・ヴィンチら巨匠の作品が鑑賞できる「サンタ・クローチェ地区」、メディチ家最大のピッティ宮殿のある「サント・スピリト地区」・・・。地区の名は、その地の代表的な教会の名で表され、住民の誇り高いエリア意識が見え隠れする。
 
奇数と偶数が片側ずつに並んだ番地、そして一般住宅を表す黒(ネロ)と、店舗等を表す赤(ロッソ)の色分け表示も、フィレンツェならでは。旅人には不規則に感じる表示さえも何故か楽しめてしまうのが、この街の持つ力である。
 
賑わう街には、よからぬ輩もそれなりに多い。気分よく空想している間に大切なものを奪われぬよう、心して佇んで頂きたい。

travel
意外と知らない!海外旅行保険の「リピーター割引」とは?

ヴェッキオ橋と秘密の回廊

2014年01月22日 category:フィレンツェ特集

Ponte Vecchio detail
Ponte Vecchio detail / Jo@net

フィレンツェの街を長いこと眺めてきた橋がある。

それは、ドゥオーモから歩くこと10分。アルノ川にかかる「ヴェッキオ橋」だ。フィレンツェで最古といわれるこの橋は、中世よりもっと前から、この風景の一部である。

このヴェッキオ橋に、16世紀の半ば頃に増築されたのが「ヴァザーリの回廊」だ。手がけたのは、画家であり建築家でもあったジョルジョ・ヴァザーリ。彼は、ルネサンス期のフィレンツェを圧倒的な財力で支配した、あのメディチ家のお抱え芸術家のひとりである。

ヴァザーリの回廊は、メディチ家が暗殺の危機から身を守りつつ、自宅と執政所を行き来するために作らせたといわれている。秘密の回廊ともいわれるが、現在は自画像を展示するギャラリーとなっており、予約制で見学が可能だ。

このヴァザーリの回廊の1階部分には、眩しい金細工店がひしめき合っている。「古い」を意味するヴェッキオ橋。財布のひもを緩ませながら、資産家メディチ家の栄華に思いを馳せてみるのはいかがだろうか。

mirai1 

思い切って資料請求してよかったです!(50代女性)

フェラガモ一族の贅沢な空間

2014年01月22日 category:フィレンツェ特集

今回は、イタリア在住ベルバッコさんからのフィレンツェ・レポートをご紹介します。

ベルバッコさんフェラガモ

ご存知、イタリアの「フェラガモ」。フィレンツェに本拠を置くハイブランドですが、この一族が所有する贅沢空間を利用できるということをご存知でしょうか。その名も「イル・ボッロ」。ベルバッコさんによると、フェラガモが昔からある村落を修復し、馬場やワイナリー、SPAなどを完備したところなんだそう。その中にあるのが、今回レポートしてくださった写真のヴィラ(邸宅)です。

ベルバッコさんフェラガモ2

この邸宅にはフェラガモ一族が住んでいるわけではなく、宿泊できる施設として公開されています。最低泊数は3日、しかも丸ごと1軒の予約が必要とのこと・・・!贅沢とは、このようなことをいうのでしょうね。地階を入れたら4階建ての邸宅で、写真の暖炉付きの広いサロンには、かの有名な作曲家が弾いたというピアノがあります。メインダイニングには、映画に出てきそうな長ーいテーブルも。

ベルバッコさんフェラガモ3

写真は、地下にある「バーカウンター付きのビリヤード場」。この他にも温水プールやイタリア式庭園があり、3日間の滞在では足りないくらいの娯楽が待っているそうです。気になる宿泊料金は…なんと1泊8,000ユーロ(2013年4月現在)!20名で泊まったとしても、3日の宿泊で1人あたり1,200ユーロ(約17万円)!私は見せて頂けただけで満足でございます~とベルバッコさん。皆さんはいかがですか?
 
golf
旅好きゴルファーなら、やっぱり海外進出!

お問合せ
ページ上部へ
RSSリーダーで購読する