Category: ブルネイ特集

特集:ブルネイ・ダルサラーム国

2013年10月16日 category:ブルネイ特集

ブルネイ
BSB at twighlight
BSB at twighlight / NeilsPhotography

絵葉書なんて、君らしくない。
これはあくまで僕の直感だ。
しかし何度みても差出人欄には
君のしなやかな文字が並んでいる。
いつもなら荷造りを急ぐ僕が
君の意図を考え続ける。
藍の闇に輝くモスクは
僕の部屋に貼られたまま
幾つもの朝を迎える。
もう君は、ブルネイを発ったのだろうか。


  
 
 


Mosque in Brunei / chem7 Hawkers, Sellers / BPheonix
Prawns Thermidore / Reeda jame Asr Hassanil Bolkiah Mosque – Brunei / heatherbell2011

東南アジアのカリマンタン島(ボルネオ島)をご存知だろうか。面積は日本の国土の約2倍。グリーンランドやニューギニア島に次ぐ、世界で3番目に大きな島だ。

そんなカリマンタン島の北部に位置するのがブルネイ・ダルサラーム国である。通称ブルネイ。首都はバンダルスリブガワン。聞き慣れない上に、なんだか舌を噛みそうな名前である。

ブルネイは原油や天然ガスという地下資源で潤う国だ。東南アジアの中でもトップクラスの豊かさを誇り、かの有名な君主ハサナル・ボルキア国王は、世界有数の資産家として知られる。国民ひとりひとりの生活水準も高く安定しているため、不満も噴出しにくいという。

しかもブルネイでは教育や医療費は無料。個人所得税も課税されない。まるで天国のようだが、これが資源に満ち満ちた国の現実である。

そして、生まれながらに恵まれている人が概してそうであるように、ブルネイの人々は穏やかな性格である。比較的治安が良く、移住や留学を視野に入れる人が多いのもそんなところに理由がある。

現在は、資源に依存し過ぎない国づくりにも取り組むブルネイ。石油や天然ガスを原料にしたメタノールの製造や、食料自給率を上げるためのハイブリッド米導入、またイスラム教国としてハラル製品(イスラム法で合法と認証された製品)製造の拠点も目指す。

ブルネイ・ダルサラームという長い国名の意味は「永遠に平和な国」。贅の限りを尽くしたこの国に、身を任せるもよし、厳しいまなざしを向けるのもよし。いずれにせよ、近いうちに最初の一歩を踏み出してみるべきである。

気になる保険金のお支払い事例はこちら

travel

ブルネイの7ツ星ホテル、あなたはどう見る?

2013年10月16日 category:ブルネイ特集

ザ・エンパイアホテル&カントリークラブ
Borneo 024
Borneo 024 / rapidtravelchai

ブルネイには、かの有名な王室御用達ホテルがある。その名もザ・エンパイアホテル&カントリークラブ。ゴルフ好きなら、ジャック・ニクラウス設計のゴルフ場が併設しているホテルとしてインプットしている人も多いだろう。

海に面した絶景のホールで爽やかにプレーできない人など、恐らくは存在しない。飛ばし甲斐のある練習場も併設され、ゴルフ三昧の滞在には申し分ない環境である。カリマンタン島(ボルネオ島)の国らしく、18Hを回る間に野生動物と遭遇することもしばしば。これもゆとりあるゴルファーなら、十分に愉しめるアクシデントだろう。

ホテルやクラブハウスは、オイルマネーで潤うブルネイらしく、金や大理石を贅沢に使用した豪華絢爛な内装だ。そんな姿でありながらも、このホテルは市街地から離れた場所にひっそりと佇んでいる。そこには単なる宿ではなく、時間を堪能することを前提とした空間だという、余裕たっぷりの主張が透けて見える。

とはいえ「お・も・て・な・し」立国のニッポン人から見ると、「ふぅん、これが7ツ星?」という接客レベルだという声もちらほら。こと、旅慣れた者の眼はシビアである。いずれにせよ、話のタネに一度は宿泊すべきホテルだろう。ちなみに宿泊料は1泊2万円前後。

たまには海外ゴルフいかがですか?

golf

バックパッカー、派手な国旗に惹かれる!@ブルネイ

2013年10月16日 category:ブルネイ特集

今回は、ワーキングホリデーで世界を旅するSHIHOさんのレポートより、ブルネイをご紹介します。2010年に日本を出発して、オーストラリア、インドネシア、ミャンマー、ラオス等々、既に14カ国を回り、まだまだ旅行中のSHIHOさん。今回ブルネイを訪問した理由は「今行かないと一生行かないだろうな」と思ったのと、「国旗がハデだから」(笑)

SHIHOさんを魅了したブルネイの国旗
flg

なんでも、SHIHOさんはバリ滞在中に400円で購入したというリュックに、訪問国の国旗を縫い付けているんだそうです。既に訪問したオセアニアやアジア圏は赤・青・白の国旗が多く、デザイン的に少々飽き気味に・・・。そんなところに、このブルネイ国旗の鮮やかな黄色!国旗ゲットが旅の目的でもあるSHIHOさんにとって、まさにぴったりの国だったというわけです。

ブルネイの水上集落「カンポン・アイール」
DSCF2089s

さて、SHIHOさんが立ち読みしたガイドブックによると、空港から市内まではバスで行けるとのこと。しかし1時間待っても来ない・・・。不安になって空港のガードマンに尋ねると、バスのサイクルは「30分だったり1時間だったり、来ないこともあるかも。ハハハ!」という回答・・・。しかしここまで待ってタクシーを使うのもイヤ(バス=$1、タクシー$25)だと思ったSHIHOさん、結局バスを1時間半待って、ようやく市内にたどり着いたのだとか。

朝市屋台の「ナシチャンプル」
DSCF2026s

到着後はユースホステル(若者や一人旅を歓迎してくれる安くて簡素な宿)が満室だったのでSHIHOさん曰く「場末のスナックのような」ホステルに宿泊。写真は近くの朝市で食べられるナシチャンプル(B$1=約60円)です。主に食料品店と屋台で構成されているこの朝市はSHIHOさんがブルネイの中で一番気に入った場所だったそう。なので、毎日通いました。

朝市の様子
DSCF2024s

ここにある食料品は手作りパン、スナック類、野菜、果物、魚、カニ、ウナギ、カメ、蛙、鶏などバラエティに富んでいます。そして「ペットと願いたい」けど、鳥、ウサギ、猫も売られていたのだそう。そして、この朝市でSHIHOさんが気付いたことは「スーパーではエコバックを使うのに、屋台ではイートインでも使い捨て容器に入れられる」こと。「石油大国・ブルネイ。こだわる所が分からない」・・・とSHIHOさんは感想を漏らします。

pickupSHIHOさんのブルネイ・メモ(抜粋)


【治安】川岸周辺は夜でもライトアップされていて人も多い。治安は良いと言われてるが、夜の路地はやはり危険な雰囲気がある。

【物価】マレーシアと同じ感じ。

【両替】市内に両替所有り。空港の両替所はマレーシア、タイ、中国通貨等は売り切れている場合が多いので、出国の際は市内で両替しておいた方が無難。

【食事】マレーシアと同じ感じ。安飯屋はこちらの方が見つけやすい。対岸のマーケット、ショッピングセンターの出店は1食B$1~2。イスラム国家というだけあり、市内中心部ではアルコールを発見出来なかった。

【言語】英語より中国語が話せたりする。中国語が分からなければマレー語、マレー語が分からなければやっぱりマレー語で話してくる。

【個人的見どころ】ショッピングセンターの前にある「KAIZEN SUSHI(カイゼン・スシ)」。「KAISEN(海鮮)」の間違いだろうか?まずその店名を改善してほしい。

(2011.12.18現在)


意外と知らない!海外旅行保険の「リピーター割引」とは?

travel

おとな旅「海外でレンタカーを愉しむ」

2013年10月16日 category:ブルネイ特集

列車に揺られる旅も良いものですが、時間に縛られず、自由に行動できるレンタカーは、気ままな大人旅にぴったりです。このコーナーではヨーロッパ各国でレンタカー旅行を体験した綾小路ぶぅさんご夫妻(会社経営・40代)にお話を伺いました。

Q.海外でレンタカーを借りるために日本ではどんな手続きが必要でしたか?
A.国際免許証の取得と、レンタカーの予約を行いました。

国際免許証(国外免許証)
日本の運転免許証を持っていれば、海外(ジュネーブ条約加盟国に限る)で運転するための国際免許証(道路交通法上は国外免許証)の取得が可能です。申請場所や手数料等の詳細は各都道府県警察の運転免許センター等にお問い合わせください。

レンタカー予約
ドイツ、イタリア、スイス滞在中にレンタカーを利用した綾小路ぶぅさんご夫妻。利便性を考えて旅行会社が発行しているガイド本に掲載してあるレンタカー会社を選びました。予約は日本からFAXで行いました。旅行会社、現地レンタカー会社、ガイド本が全て連動しているため、地図上の確認などがとても便利だったとのこと。初心者にはおすすめの方法です。

Q.レンタカー旅行の良いところは?
A.好奇心の赴くまま、知らない街へも気軽に立ち寄れるのがよかったです。特にドイツでは道案内の標識が分かりやすく、どの街でも「MITTE」と書いてある方向へ進めば街の中心地に到着する工夫がされていました。目的地へ辿り着いたときは喜びもひとしおです。

Q.失敗談があれば教えてください。
A.山ほどあります(笑)ドイツでは駐車違反の取締りが非常に厳しく、標識のないところでも1分ほどでチェックされてしまいました。また、環境立国らしく、停車中にエンジンをかけていると周囲の人が直ぐにやってきて注意されました。スイスでは誤って路面電車エリアを走って怒られました。イタリアの田舎町では羊の群れに囲まれて立ち往生してしまいました。

いかがでしたか?団体ツアーでの気忙しい観光地めぐりに疲れたら、ゆったりと長期滞在しながら、思いのままに車を走らせてみるのも、いいかもしれませんね。

夢を実現させるための海外旅行保険!今すぐ詳細をチェック!

long

私と世界遺産

2013年10月16日 category:ブルネイ特集

お客様から寄せられた世界遺産の思い出や夢をご紹介するコーナーです。皆様からのご投稿をお待ちしています。

カナディアンロッキー (福岡県在住 すずさん 50代女性)
CARZP62L
自然の雄大さと現地の人々の温かさに感動しました。氷河が作り出した湖の碧さ、見渡す限り白銀一色の大氷原、そしてそれら自然をこよなく愛し保全に努めるカナダの人々。素晴らしい自然が人々を育てるのでしょうね。その時、現地でガイドをお願いした方とは今でも連絡を取り合っています。旅とは観光だけでなく、人との良い出会いという事を実感しました。(すずさん)

ご存知でしたか?書面お申し込みよりもお得なネットde保険@とらべる

トラベルモード

海外トラブル情報

2013年10月16日 category:ブルネイ特集

お客様から寄せられた海外でのアクシデントなどをご紹介するコーナーです。皆様からの体験記をお待ちしています。

従妹の急死で実感。 大阪府 daiving-catさん 50代女性

今年、従妹が韓国で急死しました。幸いに海外保険に入っていたので、韓国での通訳、ホテル、帰国の手配・・・色々とお世話になりました。本当に保険に入っていてくれて助かりました。警察での事情聴取、大使館からの帰国手続き等・・・本当に言葉、書類の作成等かなり大変でしたが、スムーズに行きました。海外保険は本当に必要だと思いました。

従妹様のご不幸につきまして、心よりお見舞い申し上げます。お辛い状況の中、貴重なご投稿をお寄せ頂き、ありがとうございました(イチコ)


ドイツで娘の具合が・・・ 群馬県 たびざくらさん 女性

ドイツで娘の具合が悪くなり、添乗員さんに相談したところ、ホテルにお医者さんを呼んでもらえることになりました。添乗員さんが通訳してくれてよかったけれど、言葉がわからないのは、つくづく不安で困りました。娘の具合も良くなり、海外保険に入っておいてよかったと思いました。

お嬢様が回復されて本当によかったです。信頼できる添乗員さんのご協力を得られたのはよかったですね(イチコ)


「シット」でトラブル寸前! 東京都 あさっちさん 40代女性

イタリア旅行のとき、スペイン広場でネオナチのような角刈りの若者たちが、たむろしていました。何か話しかけてきたのに対して夫が「シッシッ」と言ってしまい、「シット?」と怒った若者が、げんこつを固めて追いかけてきて…。走って逃げ切りましたが、冷や汗をかきました。

海外では発音の仕方によって、図らずも汚い俗語を口にしてしまったというケースが多々あります。「シット」はうまくいかなかった時などに用いる「くそっ」のような言葉。あさっちさん、ご無事で何よりでした(イチコ)


トイレの呼び名 愛知県 政太郎さん 男性

ハワイでトイレに行きたくて Where  is  the restroomではなく toilet といってしまい、バス停に案内されてしまいました。なぜバス停?後でわかったのですがその方はトイレをトレーンと間違えて、ハワイには電車が無い為にバス停を案内したと言う事でした。こんな事があってからは慌てていても、言い間違えには気を付ける様にしています。

toiletでも通じるようですが、restroomのほうが、表現としては適しているようですね。でも、聞き間違いだとしても、バス停に案内してくださった方は親切な方ですね。政太郎さんの切実さが伝わったのでしょうか(イチコ)

体験記のご応募はこちら

お客様の声

2013年10月16日 category:ブルネイ特集

Travel-Modeのご感想や読者さまが日頃お感じになっていることをご紹介するコーナーです。いつも貴重なご意見、本当にありがとうございます!

毎度毎度、海外旅行保険に加入するのだが、たまたま加入しなかった時に限って、海外で怪我をしてしまった。
【福島県 TOMさん 40代男性】

フィンランドの特集、湖畔の赤いコテージの写真がとても幻想的でうっとりしてしまいました。
【三重県 ソラノさん 30代女性】

カンボジア、英国、マレーシアで暮らしたのが強い想い出です。70カ国ほど訪れているが、特にフランス語に接したので(フランス国内の60箇所以上を訪れているが)更に訪れたい。
【神奈川県 生涯トラベラーさん 80代】

毎回、配信されるのを楽しみに待ってます。このメルマガが一番好きです!
【福岡県 すずさん 50代女性】

体力が落ち気味なのでトレーニングします。
【愛知県 とくさん 70代男性】

ダイビングをしますので、なかなか行けない所の海の中を見たいですネ。
【大阪府 daiving-catさん 50代女性】

いつもたくさんの情報で必読しています。
【京都府 おやびんさん 50代女性】

40年以上前に留学していたフランスにまた行けたら嬉しい。
【東京都 papasanさん 60代男性】

中東の国々の政変が気になります。チュニジア、トルコ、エジプト等は随分と前に行き、もう一度訪れたいと思っています。早くその日が来て欲しいです。
【北海道 はるるさん 30代女性】

家族と相談しながら保険商品をじっくり検討したい方へ

外務省情報(2013.10.16付)

2013年10月16日 category:ブルネイ特集

最新情報は外務省ホームページでご確認ください!

【重要】
【NEW】海外邦人援護統計
もしかして犯罪に加担していませんか?
海外旅行保険加入のおすすめ

【海外邦人事件簿】
熱烈プロポーズにほだされて?

【スポット情報】
2013/10/15
シリア:国際援助関係者の誘拐事件及びダマスカスでの迫撃砲弾の着弾に関する注意喚起
2013/10/15
エチオピア:アディスアベバにおける爆発事件発生に伴う注意喚起
2013/10/15
ミャンマー:ヤンゴン市内,マンダレー市内及びバゴー地域における爆発事件等の発生に伴う注意喚起
2013/10/11
フィリピン:ミンダナオ島における誘拐及びテロの脅威に関する注意喚起

【危険情報】
2013/10/11
パナマに対する渡航情報(危険情報)の発出

【海外安全劇場】
必見!あらゆる犯罪事例をムービーでご紹介!
なぜ君が狙われるのか

travel2

お問合せ
ページ上部へ
RSSリーダーで購読する