Category: ベルン特集

TRAVEL-MODE11月号

2014年11月12日 category:ベルン特集

7763961496_ac5757b9f8_z

d04b0692-s

今月のTRAVEL-MODEはスイスのベルン特集!スイスといえば、チーズフォンデュですが、ベルン発祥の〇〇も忘れてはいけません。そして、お隣にあるペットボトルの写真、よーく見ると・・・えっ?まさか、これは・・・!!

 

fa517d18-s (1)

7937311812_94920424f1_z

スイスのチューリッヒ中央駅に登場した、このキレイ系列車の正体は一体?!そしてお隣の写真は、熊どうしの歯科検診…でしょうか?ベルンの〇〇公園で見られる、癒しの光景です。気になる記事は↓↓↓をご覧ください!

 

A quality mountain food [bergsteiger essen] – a rösti at the Mountain Hotel Wildstrubel, Gemmipass, Valais, Switzerland / geographyalltheway.com Roar! / SteFou!

ベルンは「熊」という意味です。

2014年11月12日 category:ベルン特集

スイス・ベルンの州旗

スイス国旗

80px-Berne-coat_of_arms.svg

ゲーテが最も美しいと言った街、ベルン。皆様、よくご存知の通り、スイスの首都です。市名の由来は諸説あるようですが、ドイツ語の熊、ベーア(Bär)からきている説が有力です。森を切り開いてこの街を創設したという狩猟好きのツェーリンゲン公爵ベルヒトルト5世が、最初に仕留めたのが熊だったから・・・という話もあります。

Roar!
Roar! / SteFou!

さて、ご覧頂いているのはそのベルンのクマ公園、「ベーレングラーベン」の熊です。虫歯の確認中・・・?でしょうか。随分といきいきした表情です。以前のクマ公園は市の真ん中に、クマ達を囲い込むような形であったのですが、動物虐待という批判もあり2009年に自然の多いアーレ川の岸辺に移されました。

 

クマの本当の気持ちは分かりませんが、元気に駆け回る様子なども見ることができ、人間はクマに癒されるスポットとなったようです。新クマ公園には、テラス席のあるレストランなどもあり、スイス料理も堪能できます。案内所のところにあるレストランは、とても美味しいと評判です。ベルンに行ったら、ぜひ市名の源を訪ねてみませんか?

マッターホルン入りのペットボトル?!

2014年11月12日 category:ベルン特集

スイス国旗 今回は、スイス・チューリッヒ在住のApfelさんからのスイスレポートをご紹介します。 d04b0692-s

ご用件のため、チューリッヒからベルンへ行かれたというApfelさん。ベルンまではインターシティ(日本でいう特急電車)で約1時間です。車内販売で購入すると高いので、ミネラルウォーターを乗車前にスーパーで購入されたそうですが、それが写真のペットボトルです!よく見ると、マッターホルンが中に!!お味はマッターホルンテイストというわけではなかったようですが、見るからに美味しそうですね。

fa517d18-s (1)

(写真は Apfelさん掲載のbahn ONLINE.ch より)

そして、これも「山」の話題。スイスを走っている電車に「富士山」が描かれています。日本とスイスの国交樹立150年を記念してつくられたそうです。チューリッヒ中央駅に停まっていたのをタイミングが合わずに見損なってしまった・・・と、残念がっておいでのApfelさんでした。機会があればまたレポートしてくださるそうなので、楽しみにしたいですね。

ベルン発の朝食レシピ「レシュティ」

2014年11月12日 category:ベルン特集

A quality mountain food [bergsteiger essen] - a rösti at the Mountain Hotel Wildstrubel, Gemmipass, Valais, Switzerland
A quality mountain food [bergsteiger essen] – a rösti at the Mountain Hotel Wildstrubel, Gemmipass, Valais, Switzerland / geographyalltheway.com

チーズフォンデュの陰に隠れて目立ちませんが、もうひとつのスイス名物が「レシュティ」です。じゃがいもの細切りをフライパンで炒め、今風にいうと「パンケーキ」のような形にして、こんがり焼いたものです。元々、ベルンの農家の人々が朝食としていたものが広まったそうです。トッピングは、ベーコン、チーズ、写真のように目玉焼きなど様々。カロリーが、ちょっと気にはなりますが、スイス料理は案外胃もたれしないので、日本人にも人気です。

 

子喰い鬼の噴水

Kindlifresserbrunnen
Kindlifresserbrunnen / janetmck

これは、噴水が100箇所あるというベルンで、最もインパクトがあるといわれる「子喰い鬼の噴水」です。この付近に、レシュティの専門店があります。噴水めぐりの合間に、ぜひ覗いてみませんか?

TRAVEL-MODE11月号

2014年11月12日 category:ベルン特集

7763961496_ac5757b9f8_z

d04b0692-s

今月のTRAVEL-MODEはスイスのベルン特集!スイスといえば、チーズフォンデュですが、ベルン発祥の〇〇も忘れてはいけません。そして、お隣にあるペットボトルの写真、よーく見ると・・・えっ?まさか、これは・・・!!

 

fa517d18-s (1)

7937311812_94920424f1_z

スイスのチューリッヒ中央駅に登場した、このキレイ系列車の正体は一体?!そしてお隣の写真は、熊どうしの歯科検診…でしょうか?ベルンの〇〇公園で見られる、癒しの光景です。気になる記事は↓↓↓をご覧ください!

 

A quality mountain food [bergsteiger essen] – a rösti at the Mountain Hotel Wildstrubel, Gemmipass, Valais, Switzerland / geographyalltheway.com Roar! / SteFou!

ベルンは「熊」という意味です。

2014年11月12日 category:ベルン特集

スイス・ベルンの州旗

スイス国旗

80px-Berne-coat_of_arms.svg

ゲーテが最も美しいと言った街、ベルン。皆様、よくご存知の通り、スイスの首都です。市名の由来は諸説あるようですが、ドイツ語の熊、ベーア(Bär)からきている説が有力です。森を切り開いてこの街を創設したという狩猟好きのツェーリンゲン公爵ベルヒトルト5世が、最初に仕留めたのが熊だったから・・・という話もあります。

Roar!
Roar! / SteFou!

さて、ご覧頂いているのはそのベルンのクマ公園、「ベーレングラーベン」の熊です。虫歯の確認中・・・?でしょうか。随分といきいきした表情です。以前のクマ公園は市の真ん中に、クマ達を囲い込むような形であったのですが、動物虐待という批判もあり2009年に自然の多いアーレ川の岸辺に移されました。

 

クマの本当の気持ちは分かりませんが、元気に駆け回る様子なども見ることができ、人間はクマに癒されるスポットとなったようです。新クマ公園には、テラス席のあるレストランなどもあり、スイス料理も堪能できます。案内所のところにあるレストランは、とても美味しいと評判です。ベルンに行ったら、ぜひ市名の源を訪ねてみませんか?

マッターホルン入りのペットボトル?!

2014年11月12日 category:ベルン特集

スイス国旗 今回は、スイス・チューリッヒ在住のApfelさんからのスイスレポートをご紹介します。 d04b0692-s

ご用件のため、チューリッヒからベルンへ行かれたというApfelさん。ベルンまではインターシティ(日本でいう特急電車)で約1時間です。車内販売で購入すると高いので、ミネラルウォーターを乗車前にスーパーで購入されたそうですが、それが写真のペットボトルです!よく見ると、マッターホルンが中に!!お味はマッターホルンテイストというわけではなかったようですが、見るからに美味しそうですね。

fa517d18-s (1)

(写真は Apfelさん掲載のbahn ONLINE.ch より)

そして、これも「山」の話題。スイスを走っている電車に「富士山」が描かれています。日本とスイスの国交樹立150年を記念してつくられたそうです。チューリッヒ中央駅に停まっていたのをタイミングが合わずに見損なってしまった・・・と、残念がっておいでのApfelさんでした。機会があればまたレポートしてくださるそうなので、楽しみにしたいですね。

ベルン発の朝食レシピ「レシュティ」

2014年11月12日 category:ベルン特集

A quality mountain food [bergsteiger essen] - a rösti at the Mountain Hotel Wildstrubel, Gemmipass, Valais, Switzerland
A quality mountain food [bergsteiger essen] – a rösti at the Mountain Hotel Wildstrubel, Gemmipass, Valais, Switzerland / geographyalltheway.com

チーズフォンデュの陰に隠れて目立ちませんが、もうひとつのスイス名物が「レシュティ」です。じゃがいもの細切りをフライパンで炒め、今風にいうと「パンケーキ」のような形にして、こんがり焼いたものです。元々、ベルンの農家の人々が朝食としていたものが広まったそうです。トッピングは、ベーコン、チーズ、写真のように目玉焼きなど様々。カロリーが、ちょっと気にはなりますが、スイス料理は案外胃もたれしないので、日本人にも人気です。

 

子喰い鬼の噴水

Kindlifresserbrunnen
Kindlifresserbrunnen / janetmck

これは、噴水が100箇所あるというベルンで、最もインパクトがあるといわれる「子喰い鬼の噴水」です。この付近に、レシュティの専門店があります。噴水めぐりの合間に、ぜひ覗いてみませんか?

 

お問合せ
ページ上部へ
RSSリーダーで購読する