Category: 香港特集

TRAVEL‐MODE9月号

2014年09月11日 category:香港特集

3356658092_f2d0b7b8c2_z

3452718015_e1aebd716a_z

今月のTRAVEL-MODEは香港特集!この、何かがてんこ盛りになっている麺は一体…?バックパッカーも思わず散財!気づいたら毎日食べちゃった、あのとろとろスイーツの生まれ故郷って実は…

 

4094628073_037bf1183c_z

49566322_e0779de734_z

大好評企画!とっさに使える大人の〇〇〇。これを読んだら、あなたの旅が劇的に変わるかも?!ショック!和歌山県のスイカさん(60)が体験した海外でのアクシデント…ホテルの大理石床に買ったばかりの〇〇を…!!

 

Beef tripe rice noodle 牛雜粉 / Dennis Wong Egg Custard Tart 蛋塔 @ Good Luck Dim Sum / yummyporky Novotel Koshien Lobby / vitroid mongkok.JPG / xmatt

トッピング天国!香港名物「チェージャイミン」とは?

2014年09月11日 category:香港特集

結局は和食がいちばん美味しい…。

旅好きさんから、このようなお声を頂く機会も多くなってまいりました。味覚の繊細さ、そして衛生面で、他の国にダントツの差をつけているのが、日本の食です。しかしながら、旅好きの方は概して食を愛する人が多く、旅先の食に貪欲です。どの国に行こうとも、食への挑戦を諦めることなど、まずありえません!

そんな皆さんに今回ご紹介するのが、香港名物、車仔麺(チェージャイミン)です。

ハチノスをのせた麺

Beef tripe rice noodle 牛雜粉
Beef tripe rice noodle 牛雜粉 / Dennis Wong

 車仔麺は、1960年台に車仔(リヤカー)の屋台が、労働者の人々にくず肉やくず野菜などを麺にのせて提供したことからスタートしました。車仔麺とは、料理の名前というより、香港の食文化をよく表した麺の食べ方です。

醤油味がベースになっているので日本人好みですし、好きな具材をトッピングできるという自由度の高さから、お仕着せのメニューはつまらないという人からも絶大な人気を得ています。殆どの店には「おまかせトッピング」のようなメニューがありますので、選ぶのが面倒という人はそれを頼むという方法もあります。お任せすると、肉や野菜など全体的にバランスの取れた具材をのせてくれます。

写真は牛雑(牛の胃袋=ハチノス)をのせた麺ですが、これはごく一例です。牛バラ肉や鶏足の醤油煮、高菜と豚ひき肉の炒め物、ゆで卵の醤油煮、魚のすり身のワンタン、肉団子、ゆば、かまぼこ、魚を揚げたもの…など、トッピングの種類は挙げればきりがありません。

旺角の街

mongkok.JPG
mongkok.JPG / xmatt

車仔麺は旺角などの繁華街で多くお目にかかることができます。旺角は若者が多く集まる、24時間にぎやかな繁華街です。この所狭しとぶら下がる看板風景も、香港の名物。多様な魅力を感じ取ることのできる車仔麺とどこか通じるものがあります。訪れた時はぜひ、あれこれのせて、盛りだくさんの旅にしてみませんか?

バックパッカーも思わず散財!ウマすぎ香港グルメ

2014年09月11日 category:香港特集

ワーキングホリデーで世界を旅するSHIHOさんのグルメレポートをご紹介します!

Dim sum
Dim sum / JohnSeb

 

中国から香港に入ると、まず全てのものが高い!と感じたというSHIHOさん。中国に比べると庶民的な屋台や安飯街が少なく、滞在中は東京を思わせるような雰囲気の レストランに入ることが多かったとのこと。しかしここで臆するようなSHIHOさんではありません。バックパッカーらしからぬ金使いの荒さを発揮し(!)様々な香港グルメとの出会いがあったご様子。

 

池記(チケイ)雲呑麺屋  エビワンタンヌードルセット(約670円)

77d9570c[1]

こちらは、SHIHOさん曰く「もうホントむちゃくちゃウマい!」というエビワンタン麺。価格は50HK$前後(約670円…2014年8月調べ)。確かに微妙に高いと感じる価格ですね。ところで、こちらのエビワンタン麺は、ご覧のとおり細い麺が使われているのが特徴です。これは「銀糸麺」という極細麺で、独特の食感が魅力です。このお店は特にスープが美味しいと評判で、SHIHOさんも「たまらん味!」とのこと。チェーン店ではありますが、また行きたいお店だそうです。

 

甘さ控えめのエッグタルト(約50円)

4tarutos

そして、香港といえばスイーツ部門も外せません。これは隣国マカオ名物でおなじみのエッグタルト。エッグタルトはポルトガル・リスボンの修道院が発祥の地といわれていますが、一説によるとレシピを覚えた英国人がマカオで広めて現在に至るようです。そしてここ香港でも出来たてで、とろとろの温かいエッグタルトにお目にかかれます。「温かいから美味しいだけ」「エッグタルトなんてどこも同じ」とはじめは上から目線だったSHIHOさんですが、気がついたら毎日1個は食べていたそう(笑)

 

ふかふかの蒸しパン

kigen3s

顔をうずめて、ど真ん中から食べたくなるような蒸しパン(笑)これを、お汁粉に浸しながら食べるそうです。香港では、たまごプリンなどもかなり甘さが控えめのようです。このような点からも、日本人の味覚に合うかもしれませんね。最後にSHIHOさんからのメッセージは…

 

「香港ウマい!」

 

 

TRAVEL-MODE9月号

2014年09月11日 category:香港特集

3356658092_f2d0b7b8c2_z

3452718015_e1aebd716a_z

今月のTRAVEL-MODEは香港特集!この、何かがてんこ盛りになっている麺は一体…?バックパッカーも思わず散財!気づいたら毎日食べちゃった、あのとろとろスイーツの生まれ故郷って実は…

 

4094628073_037bf1183c_z

49566322_e0779de734_z

大好評企画!とっさに使える大人の〇〇〇。これを読んだら、あなたの旅が劇的に変わるかも?!ショック!和歌山県のスイカさん(60)が体験した海外でのアクシデント…ホテルの大理石床に買ったばかりの〇〇を…!!

 

Beef tripe rice noodle 牛雜粉 / Dennis Wong Egg Custard Tart 蛋塔 @ Good Luck Dim Sum / yummyporky Novotel Koshien Lobby / vitroid mongkok.JPG / xmatt

トッピング天国!香港名物「チェージャイミン」とは?

2014年09月11日 category:香港特集

結局は和食がいちばん美味しい…。

旅好きさんから、このようなお声を頂く機会も多くなってまいりました。味覚の繊細さ、そして衛生面で、他の国にダントツの差をつけているのが、日本の食です。しかしながら、旅好きの方は概して食を愛する人が多く、旅先の食に貪欲です。どの国に行こうとも、食への挑戦を諦めることなど、まずありえません!

そんな皆さんに今回ご紹介するのが、香港名物、車仔麺(チェージャイミン)です。

ハチノスをのせた麺

Beef tripe rice noodle 牛雜粉
Beef tripe rice noodle 牛雜粉 / Dennis Wong

 車仔麺は、1960年台に車仔(リヤカー)の屋台が、労働者の人々にくず肉やくず野菜などを麺にのせて提供したことからスタートしました。車仔麺とは、料理の名前というより、香港の食文化をよく表した麺の食べ方です。

 

醤油味がベースになっているので日本人好みですし、好きな具材をトッピングできるという自由度の高さから、お仕着せのメニューはつまらないという人からも絶大な人気を得ています。殆どの店には「おまかせトッピング」のようなメニューがありますので、選ぶのが面倒という人はそれを頼むという方法もあります。お任せすると、肉や野菜など全体的にバランスの取れた具材をのせてくれます。

 

写真は牛雑(牛の胃袋=ハチノス)をのせた麺ですが、これはごく一例です。牛バラ肉や鶏足の醤油煮、高菜と豚ひき肉の炒め物、ゆで卵の醤油煮、魚のすり身のワンタン、肉団子、ゆば、かまぼこ、魚を揚げたもの…など、トッピングの種類は挙げればきりがありません。

 

旺角の街

mongkok.JPG
mongkok.JPG / xmatt

車仔麺は旺角などの繁華街で多くお目にかかることができます。旺角は若者が多く集まる、24時間にぎやかな繁華街です。この所狭しとぶら下がる看板風景も、香港の名物。多様な魅力を感じ取ることのできる車仔麺とどこか通じるものがあります。訪れた時はぜひ、あれこれのせて、盛りだくさんの旅にしてみませんか?

バックパッカーも思わず散財!ウマすぎ香港グルメ

2014年09月11日 category:香港特集

ワーキングホリデーで世界を旅するSHIHOさんのグルメレポートをご紹介します!

Dim sum
Dim sum / JohnSeb

 

中国から香港に入ると、まず全てのものが高い!と感じたというSHIHOさん。中国に比べると庶民的な屋台や安飯街が少なく、滞在中は東京を思わせるような雰囲気の レストランに入ることが多かったとのこと。しかしここで臆するようなSHIHOさんではありません。バックパッカーらしからぬ金使いの荒さを発揮し(!)様々な香港グルメとの出会いがあったご様子。

 

池記(チケイ)雲呑麺屋  エビワンタンヌードルセット(約670円)

77d9570c[1]

こちらは、SHIHOさん曰く「もうホントむちゃくちゃウマい!」というエビワンタン麺。価格は50HK$前後(約670円…2014年8月調べ)。確かに微妙に高いと感じる価格ですね。ところで、こちらのエビワンタン麺は、ご覧のとおり細い麺が使われているのが特徴です。これは「銀糸麺」という極細麺で、独特の食感が魅力です。このお店は特にスープが美味しいと評判で、SHIHOさんも「たまらん味!」とのこと。チェーン店ではありますが、また行きたいお店だそうです。

 

甘さ控えめのエッグタルト(約50円)

4tarutos

そして、香港といえばスイーツ部門も外せません。これは隣国マカオ名物でおなじみのエッグタルト。エッグタルトはポルトガル・リスボンの修道院が発祥の地といわれていますが、一説によるとレシピを覚えた英国人がマカオで広めて現在に至るようです。そしてここ香港でも出来たてで、とろとろの温かいエッグタルトにお目にかかれます。「温かいから美味しいだけ」「エッグタルトなんてどこも同じ」とはじめは上から目線だったSHIHOさんですが、気がついたら毎日1個は食べていたそう(笑)

 

ふかふかの蒸しパン

kigen3s

顔をうずめて、ど真ん中から食べたくなるような蒸しパン(笑)これを、お汁粉に浸しながら食べるそうです。香港では、たまごプリンなどもかなり甘さが控えめのようです。このような点からも、日本人の味覚に合うかもしれませんね。最後にSHIHOさんからのメッセージは…

 

「香港ウマい!」

 

 

とっさに使える「大人の英会話」第7弾

2014年09月11日 category:香港特集

The Cowboy and the Photographer
The Cowboy and the Photographer / Anne Worner

英会話

 

こんにちは。ミスターワタナベです。とっさに出てくることを重視した英会話講座、何かを尋ねる表現を学ぶシリーズの第4弾です。今回は、複雑な疑問文を避けるテクニックをご紹介します。また、とっさに浮かばない日本語の単語の対処法についてもお話します。

 

◆複雑な疑問文を避けるテクニック 

相手に何かを尋ねるということは、尋ねる側に目的が存在しています。例えば、値段を知りたいとか、目的地までの道順を知りたいなどです。ですから、まず自分の意思を相手に伝え、そして、相手にどのようにしてもらいたいかを尋ねるという方法が効果的です。日本人は、疑問文を苦手にしている人が多いので、 まず、自分の意思を相手に伝えることが重要です。

 

友人へのお土産を選ぶためにお店に入ったら、

I am looking for a gift for my japanese friends. (私は、友人へのお土産をさがしています)

と自分の意思を伝え、その後

Could you help me? (手伝っていただけますか?)

と尋ねてみるといいでしょう。

 

自分の意思を伝える方法として、今回、現在進行形を用いました。

 

be動詞+~ing形の進行形は「今の自分の状態」を伝える表現です。それに「look for」(探す)という、熟語を組み合わせています。「look for」は、便利な熟語なので、覚えておくといいでしょう。

 

その上で、 Could you help me? (手伝っていただけますか?)

と尋ねています。

 

何かを尋ねるということは、自分の意思を伝えることなので、複雑な疑問文の表現を無理に使う必要はありません。自分の意思を述べる→シンプルな形の疑問文で尋ねることで、上手に自分の意思を伝えてみましょう。

 

◆とっさに浮かばない単語の対処法

あと、お土産という単語は英語にはありません。お土産とは何かと本質的なことを考えれば「友人や職場の同僚、仲間への贈り物」と考えていいでしょう。

 

ですから、お土産 = a gift for  my japanese friends. とすると目的とする意思は伝わると思います。

 

一度日本語を別の表現の日本語に言い換えてみれば英語へ変換しやすくなります。

 

海外でのロングステイをお考えの方、長期海外旅行保険の資料をお送りいたします(無料)

お問合せ
ページ上部へ
RSSリーダーで購読する