Category: イタリア特集

【イタリア・コモ湖】ベッラージョでぶらぶらお散歩ランチ

2022年06月24日 category:イタリア特集 | 世界の街から

アヴェニューMさんのグルメなブログ「アヴェニューM NEW YORK CITY〜食は毎日のアドベンチャー〜」より、2022.6.09の記事をお送りします。先月に続き、アヴェニューMさんのイタリア旅行をお伝えします。今回もグルメ魂に火がついたようですよ。コモ湖での素敵なランチをご覧ください。

 

★★★

 

 

 

 

イタリア、コモ湖の観光で一番立ち寄る観光スポットと言えば

ラスベガスのベラージオのモデルとなった街、ベッラージョ。

 

 

 

 

車やバスで行く事もできますが、

船で行くと湖からの豪華なヴィラの建ち並ぶ街並みの眺めも楽しめます。

 

 

 

 

 

ベッラージョに着くと石畳の細い階段が幾つもあり

そこを登っていくとレストラン、お店、ギャラリーに住居が

所狭しと建ち並んでいます。

 

イタリア南部のアマルフィやポジターノに少し似ている感じイエローハート

 

 

 

 

 

 

 

ハム&チーズ屋さん。

ちょっと覗いて見るつもりがバルサミコ酢や調味料など珍しいのがあり

買い物欲にメラメラと火がついてしまった危ないお店。

 

 

 

どんどん細道を登って先に歩いていくと…

 

 

 

観光客の人影も少なくなった辺りで見つけたこちらのお店、

Angolo Divino。

 

イタリア全域のワインを扱う専門店で

お店でワインと食事が楽しめるとあって

ランチ休憩はここに即決赤ワイン

 

 

 

お店の前の階段、外テーブルで味わう

ワインとプロシュート、パスタは格別!

 

ファミリー経営で今のオーナーのお爺様が

有名なイタリアンのシェフだったそうで

美味しいワインと食事が楽しめるお店をこちらに開いたそう。

 

 

 

ここのすごいのがレストランの中に入ると半地下エリアがあり、

この石が引き詰められた丸みのある天井の空間は

1700年前半に建てられたワインセラーをそのままの状態で今も使われていて、

ここに入ると外は夏日なのに一気にひんやりと肌に感じる室温!

 

 

 

 

そんなワインセラーを見たら…

ワイン買いたい、買いたい、買いたい病が発症!!

 

 

 

 

買ってきたワインとペアリングできるような家ごはんが

作れるように頑張ります。

 

取り敢えず、お得意の揚げ物でミラノカツ(コトレット)に

ミラノ風リゾット。

 

まだまだ書き足らない美味しいイタリアがいっぱいありますが

これにてイタリア食べ歩きは、一旦終了しますイタリア

 

 

 

では、400年前のワインセラーのあるお店の場所はこちら♪

 

 

 

アヴェニューMさんのブログで、イタリア旅行の続きを見よう!
↓↓↓

***************************************************
アヴェニューMさんブログ
アヴェニューM NEW YORK CITY
もっと見たい方はこちら
***************************************************

投稿【イタリア・コモ湖】ベッラージョでぶらぶらお散歩ランチ三井住友海上 海外旅行保険の最初に登場しました。

【イタリア】ヴェネチアのサンセットを楽しみながらアペリティーボ

2022年05月24日 category:イタリア特集 | 世界の街から

アヴェニューMさんのグルメなブログ「アヴェニューM NEW YORK CITY〜食は毎日のアドベンチャー〜」より、2022.5.20の記事をお送りします。今回は、ご主人様と一緒にイタリア旅行♡ 本場のイラリアンのレポートをお届けします。動画でヴェネチアの美しい夕景をご覧ください♪

★★★

 

 

 

イタリアの楽しい習慣の一つ、アペリティーボ。

レストランでの夕食前にバーでおつまみをつまみながら

軽く食前酒を楽しむものです。

 

郷に入れば郷に従え、When in Rome, do as the Roman’s do.

はい、はい、はーーーい!!!

もちろん、私もアペリティーボ しますよ指差し

 

アペリティーボの定番ドリンクと言えば「スピリッツ」。

プロセッコ、イタリアのリキュールアペロール(Aperol)、

炭酸水にカットオレンジを入れたこの下矢印オレンジ色のドリンクです。

 

ちょっぴり甘くてほろ苦い炭酸で飲み口の良いカクテル。

 

 

 

ヴェネチアでのアペリティーボのおすすめスポットは

いろいろあると思いますが、私達のおすすめは

Bauer Hotelのルーフトップバー、Settimo Cielo Rooftop Restaurant

 

お洒落なバーですが、なんと言ってもヴェネチアで一番高い位置にある

テラスからの360度の開放感ある眺め!!!

 

スピリッツと同じ優しいオレンジ色に空の色が変わる

サンセット時間に行くとヴェネチアに来てる〜感が満喫できますキラキラ

 

 

 

 

 

アペリティーボの後は同じ階にあるレストラン、

Settimo Cieloで夕食。

 

モダンでゴージャスなヴェネチアングラスのシャンデリアキラキラ

 

 

 

 

テーブルもグラス類も全てお店のオリジナルデザインの

ヴェネチアングラス。

 

シンプルながらも洗練されたとっても綺麗なラインで

なんと言ってもグラス類を手に取った時のフィット感が素晴らしい!

 

 

 

そんなヴェネチアングラスでいただくこちらのディナーは

7つと9つから選ぶテイスティングコース。

 

 

 

 

旬と新鮮な食材に拘ったヴェネチアと地中海を合わせた

フュージョン料理。

 

そして、びっくりしたのが梅パウダーや鰹節なども使われていて

シェフは日本食にも通じているみたいです!!!

 

 

 

それぞれのお料理の量も疲れない良い感じのサイズグッ

ヴェネチアでちょっとお洒落してモダンにアレンジした

お料理を楽しみたいという場合はこちらおすすめです。

 

ちなみに一階にあるもう一つのレストラン、

De Pisis Restaurantでは違ったアラカルト料理だそうです。

 

 

 

 

夕食後はキャナル沿いを散歩してタクシーじゃなくて

ボートに乗ってホテルへキラキラ

 

イタリアでは毎日15,000歩以上、歩きました!!

でもその分、食べて飲んでいたからプラマイ0

じゃなくてーーーーー

ニューヨークに戻って体重を計ったらやっぱりだった泣き笑い

 

予想通り爆  笑

 

 

 

アヴェニューMさんのブログで、イタリア旅行の続きを見よう!
↓↓↓

***************************************************
アヴェニューMさんブログ
アヴェニューM NEW YORK CITY
もっと見たい方はこちら
***************************************************

投稿【イタリア】ヴェネチアのサンセットを楽しみながらアペリティーボ三井住友海上 海外旅行保険の最初に登場しました。

今年のジェンツァーノの花まつりは

2019年07月20日 category:イタリア特集 | 世界の街から

イタリアのローマ近郊にある古都、ジェンツァーノで開催される花の祭典『インフィオラータ』の様子をローマナビネットさんのブログよりお伝えします。インフィオラータはイタリア各地で開催されていますが、ジェンツァーノが一番盛大ということです。街中の道路を彩る花の絨毯、いつか実際に訪れてみたい世界のお祭りの一つとして注目です。

 

★★★

 

今年のジェンツァーノの花まつりは6月22日~24日まで開催
23日の午後が最大に盛り上がりますのでお薦めです。
2000㎡の道路に40万を超える花びらでモザイクが描かれます。
毎年テーマがありますが今年はずばり「美への道」です
華やかなお祭りになることでしょう。とても楽しみです。
ジェンツァーノの花まつりは1778年から続いている伝統的な
宗教行事です。イタリア各地でも開催しています。

 

 

私がジェンツァーノの花まつりに興味を持ったのは
アンデルセンの「即興詩人」ジェンツァーノの一節を読み
どんなお祭りか是非行きたいって!楽しみにしていました。
​「日は烈しく照りたり。市中の鐘ことごとく鳴り始めぬ。
この時美しき花の氈(絨毯)を踏みて、祭りの行列過ぐ..」 

 

 

 花びらを丁寧に道路に敷き詰めます
 茶色の枠取りはコーヒの滓を使ってます。

 

 

鮮やかなブルーですね
今年はどれだけ華やかになるか楽しみです

 

 

 

ローマ発:ジェンツァーノの花まつりドライブ
ローマナビネットがご案内します。

 

******************************************************************************
イタリアの町散策はローマナビネットさんにおまかせを。
ローマナビネットさんのブログはこちら
イタリア旅行を1000倍楽しむ!ボンジョルノ!ローマ
******************************************************************************

投稿今年のジェンツァーノの花まつりは三井住友海上 海外旅行保険の最初に登場しました。

ピサの斜塔より傾いているブラーノ島の斜塔って@イタリア

2019年03月21日 category:イタリア特集 | 世界の街から

ピサの斜塔よりも傾いていてそのままって!? どういうことでしょうか。傾いたままでいいの?傾いているからいいの? ローマナビネットさんがイタリアの可愛い素敵な町を紹介します。

 

★★★

 

斜塔と言えばピサが有名ですが、実はもっと傾いている斜塔があります。
ヴェネチアのブラーノ島ガルッピ広場に聳える鐘楼です。
運河の埋め立て地跡だから地盤が緩いのかもしれません。
地元の住民たちは生まれ頃からすでに傾いているからって誰も気にしません。
日本人は曲がっていたら真っ直ぐに直さないと気が済みませんが・・・・。

17世紀建造、高さ53m,基底部6.2m四方です。
島の方たちにとっては鐘が鳴り響く音で時刻を知り日々の生活をしていました。
船乗りにとっては、島の道標でもありました。

鐘楼の隣にはサンマルティーノ教会16世紀頃建造の立派な教会があります
この教会にはバロック最後期の画家ジョバンニ・バッティスタ・ティエポロ作
「十字架上のキリスト像LA CROCIFISSIONE」があります。

ヴェネチアで時間がありましたら是非、ブラーノ島まで散策してください
パステルカラーの可愛い家々が運河に映え素敵な町です。
ローマナビネットは、ブラーノ島散策&イカスミランチのプランをご用意してます。

 

 

******************************************************************************
イタリアの町散策はローマナビネットさんにおまかせを。
ローマナビネットさんのブログはこちら
イタリア旅行を1000倍楽しむ!ボンジョルノ!ローマ
******************************************************************************

投稿ピサの斜塔より傾いているブラーノ島の斜塔って@イタリア三井住友海上 海外旅行保険の最初に登場しました。

古代2500年前のワイン作りに挑戦!オルヴィエートのワイナリー@イタリア

2018年11月17日 category:イタリア特集 | 世界の街から | 海外旅行保険、@とらべる、三井住友海上、TRAVEL-MODE

ボージョレ・ヌーボーも解禁しましたが、みなさん飲まれましたか? さて、イタリアのローマナビネットさんからは、古代ワイン造りの話題をお届けします。景色も素晴らしく、悠久のロマンを感じます。より自然の力を活用した古代のワイン、どんなお味なのか興味津々です。

 

★★★

 

ローマよりローカル線で1時間強のオルヴィエートは温暖な気候と
ミネラル豊かな土地に恵まれ古代よりワイン造りが盛んでした。
古代(凡そ2500年前)に作られていたワインを再現しようと
エノロゴ(醸造師)と試行錯誤して古代のワインが産まれました。

丘陵の斜面を利用し水はけがよく太陽が燦燦と輝き
ワイン造りにもっとも適した土地です。

この穴倉は古代よりワイン造りをしていた醸造蔵です。
凡そ紀元前12世紀頃のエトルリア時代(ローマより古い)の蔵
近くには住居跡も発見されています。

蔵の中に入ってみました。
巨大な岩に囲まれた天然の蔵は適度な湿度と少し冷っとする気温は
年間通して一定でワインの醸造にベストな蔵です。

ローマ時代のワイン造り、素焼きの壺でワインを醸造しました。
ほのかなオレンジ色の少し甘味があり、スミレのフレーバーな
エレガントなワインになりました。
古代ローマ人はこんなワインを飲んでいたのでしょうか?
こちらのワイナリーを見学しますと、特別にテイスティングできます。
(数量限定で、なくなり次第終了になります)

ローマナビネットはイタリア各地のワイナリーにご案内しています。
旅の思い出にいかかですか?

 

******************************************************************************
イタリアの町散策はローマナビネットさんにおまかせを。
ローマナビネットさんのブログはこちら
イタリア旅行を1000倍楽しむ!ボンジョルノ!ローマ
******************************************************************************

投稿古代2500年前のワイン作りに挑戦!オルヴィエートのワイナリー@イタリア三井住友海上 海外旅行保険の最初に登場しました。

【世界の街から】ローマの朝市散策のお勧め

2018年07月20日 category:イタリア、ローマ、朝市 | イタリア特集 | 世界の街から | 海外旅行保険、@とらべる、三井住友海上、TRAVEL-MODE

イタリア・ローマからは、朝市の情報をお届けします。大地の滋味を感じる色濃い野菜たち、そして無駄のない工夫など、ローマの台所を伝えてくれるのは、『イタリア旅行を1000倍楽しむ! ボンジョルノ! ローマ』のローマナビネットさんです。

★★★

 

イタリア各地には朝市がありますがローマは住宅事情で
毎朝朝市に買い物する余裕がない、週末に大型スーパーで
まとめ買いする家庭が増え、残念ながら朝市は減ってます。
私は基本的に生鮮食品はスーパーでは買わない
その日の献立で必要な量だけ朝市で買ってました。
産直農家から採れたての野菜、フルーツ
おろし立ての肉や魚も。作り立てのチーズも。
私が暮らしていたトラステーベレ地区には徒歩圏内で
3つの朝市があり、値段も、取扱い品も違い
刺身用の魚はサンコシマート地区の魚屋直営店で
マグロを買ったりしてました。
肉はテスタッチョ地区が美味しく安いです。

ヴィットリオ駅近くにローマ最大の朝市があります
こちらはアラブ、アジア系の移民に人気の朝市でエスニック系の食材が豊富
ニンニク,生姜、ゴーヤ、オクラ、大根、白菜、長芋、ネギなど揃います。
魚も扱ってますが、鮮度がいまいちなので、避けた方が無難
養殖系はあまり買わない方がベター、近海で採れたての魚の方が安心。

朝市の特徴は1個単位、グラム単位で買えるので
必要以上買う必要がないので節約できます

ローマの中心にあるカンポディフィオーリの朝市は
地元用より観光客向けに変貌しつつありとても残念です

野菜をサラダ用、ミネストローネ(野菜スープ)用にカットして売ってます
ゴミ野菜が出ないから便利、
スーパーの袋詰めより安心できます。

日本へのお土産用にイタリア野菜の種を買って帰ります。
日本と風土が違い、育ちにくい野菜もありますが
バジル、プレッツェモーロなどの香草はベランダで植木鉢で
育てることができるのでお勧めです。

ローマナビネットは早朝の朝市散策や新鮮食材で
イタリアン料理レッスンなの人気プランをご案内しています。

 

******************************************************************************
イタリアの町散策はローマナビネットさんにおまかせを。
ローマナビネットさんのブログはこちら
イタリア旅行を1000倍楽しむ!ボンジョルノ!ローマ
******************************************************************************

投稿【世界の街から】ローマの朝市散策のお勧め三井住友海上 海外旅行保険の最初に登場しました。

ローマで必ず行きたいところ

2018年05月15日 category:イタリア特集 | 世界の街から | 海外旅行保険、@とらべる、三井住友海上、TRAVEL-MODE

イタリア・ローマで季節の変わり目を感じる・・・いいですね。お買い物に疲れたら、ぜひのんびりとリフレッシュを。ローマナビネットさんのとっておきのくつろぎ場所をご紹介します。

 

★★★

ローマの散策で季節の変わり目に必ず立ち寄りたい所は
トラステーベレ地区にある植物園。
灰色の古代遺跡とホコリ、車の排ガスのローマの町で
少し休みたい、美味しい空気に入れ替えたい気分になったら
植物園を1時間ほど散策します。 爽快に一新するために。

ローマ大学付属の植物園、とても広く、スタスタ歩いても1時間はかかります。
時々、園児が遠足に訪れてますが、平日はとても静か、青々とした空間がとっても気持ちよい

季節ごとに様々な花が咲いています。
日本の様にキッチと管理されてなく
自然のままに咲いているところが好きです。

ローマには珍しい竹林、タケノコがニョキニョキでてました。

歴史を継いで樹齢300年を超える大木たち、逞しい。

ローマナビネットはガイドブックに載っていない
楽しいローマの散歩をご案内します。

 

******************************************************************************
イタリアの町散策はローマナビネットさんにおまかせを。
ローマナビネットさんのブログはこちら
イタリア旅行を1000倍楽しむ!ボンジョルノ!ローマ
******************************************************************************

投稿ローマで必ず行きたいところ三井住友海上 海外旅行保険の最初に登場しました。

イタリア映画の舞台カゼルタ宮殿は必見!【世界の街から】

2018年01月16日 category:イタリア、カゼルタ宮殿、スターウォーズロケ地 | イタリア特集 | 世界の街から | 海外旅行保険、@とらべる、三井住友海上、TRAVEL-MODE

熱狂的なファンも多いスターウォーズ。フォンの方は、そのロケ地も気になるところです。イタリアの情報ならおまかせ「ローマナビネット」さんから美しい宮殿のご案内です。ナタリー・ポートマン扮する女王パドメが拘束されるシーンで使われた階段は必見ですね。

 

★★★

 

昨日GYAOでヴィスコンティ監督のルートヴィヒ デジタル修復版(約4時間もある)
(2月5日まで無料配信中)を観てましたら
南イタリアの世界遺産カゼルタ宮殿がロケ地として使われてました
カゼルタ宮殿は18世紀に建てられた最も巨大な宮殿です。
他の映画では、『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』
『ミッション:インポッシブル3』,『天使と悪魔』 などで撮影されています。
イタリアの史蹟、宮殿は鉄道駅から距離のあるところが多いですが
カゼルタ宮殿はカゼルタ駅前にあり徒歩5分と便利なロケーションです。
ナポリ帰りにでも立ち寄ってみたらいかがでしょう。

 

 

宮殿は、247メートル×184メートルの長方形となっている。
四方は2つの直角のアームでつながれ、中庭が4つあり、どれも3800㎡。
建物外側の弓状の連なりと合致したファサード後方に、巨大な前庭が広がる。

 

 

庭園は典型的なバロック様式で、120ヘクタールあり、丘陵地形である。
ヴェルサイユ庭園に触発されたものだが、
美しさにおいては勝っているとみなされている。

 

イタリア旅行のご案内はローマナビネットにお任せください。

 

******************************************************************************
イタリアの町散策はローマナビネットさんにおまかせを。
ローマナビネットさんのブログはこちら
イタリア旅行を1000倍楽しむ!ボンジョルノ!ローマ
******************************************************************************

 

投稿イタリア映画の舞台カゼルタ宮殿は必見!【世界の街から】三井住友海上 海外旅行保険の最初に登場しました。

ホテルより快適、フィレンツエの隣のアグリツーリズモ

2017年11月14日 category:イタリア特集 | フィレンツェ、アグリツーリズモ | 世界の街から | 海外旅行保険、@とらべる、三井住友海上、TRAVEL-MODE

いつもイタリアのレアな情報を伝えてくれるローマナビネットさんから、ホテルとは一味もふた味も違うお泊まり所を紹介していただきます。ゆったり、のんびりステイで巡るフィレンツェの旅。見たら憧れますよ〜。

★★★

 

フィレンツェ駅からローカル電車で11分(運賃1.5ユーロ)なのに
まるで別世界!広大な敷地には葡萄,柿,トマト,葱、韮,サラダ菜、
カルチョーフォ(アーティチョーク)などフルーツや野菜など
イタリアの美味しい食材の畑、少し歩けばオリーブ畑です。
観光客で溢れるフィレンツェから少し離れるだけで
まるで別天地、街中のホテルに泊まるより絶対お勧めです。
(注)ベストシーズンはすぐに満室になりますので
半年前からの予約が必要な時もあります。

広大な敷地に離れの屋敷(客間)があります。
18世紀の領主の館です。
こちらは日本からのお客様にお勧めの柘榴という名前のアパート
柘榴が玄関前に咲いているからです。

90㎡の広さ、リビングルームは40㎡あります。

使い安いトスカーナ風キッチン
必要なキッチン雑貨、食器、調味料は完備
冷蔵庫、電子レンジもあります。

庭に面した寝室、ゆったりとしたフレンチサイズのダブルベットです。

ロフトは頭を打たない程度の高さがあり
こちらにベッドを用意することもできます。
お一人で静かに眠りたい方にお勧め。

ファイブスタークラスのホテルと遜色ないバスルーム
二人で楽に入れます。 右にシャワーもあります。

いつもと違う、ナチュラルなイタリアの旅お勧めします。
リフレッシュできるチョッとデラックスなカントリーステイ
ローマナビネットがご案内します。

 

***************************************
イタリアの町散策はローマナビネットさんにおまかせを。
ローマナビネットさんのブログはこちら
イタリア旅行を1000倍楽しむ!ボンジョルノ!ローマ
***************************************

 

投稿ホテルより快適、フィレンツエの隣のアグリツーリズモ三井住友海上 海外旅行保険の最初に登場しました。

コロッセオ最上階40年ぶり一般公開@ローマ

2017年10月10日 category:イタリア特集 | イラリア、ローマ、コロッセオ | 世界の街から | 海外旅行保険、@とらべる、三井住友海上、TRAVEL-MODE

ローマ帝国の繁栄のシンボル、世界遺産コロッセオの最新情報をローマナビネットさんが伝えてくれています。ローマに行かれる方は、楽しみが増えましたよ!

 

★★★

 

ローマ最大の観光名所コロッセオの最上階が11月1日、
40年ぶりに一般公開されるになりました。
コロッセオの最上階は古代ローマ時代は下層階級の
平民たちの専用席でした。
最上階よりコロッセオの全貌だけでなく
息をのむようなローマ市街の絶景が素晴らしいです。

 

***************************************
イタリアの町散策はローマナビネットさんにおまかせを。
ローマナビネットさんのブログはこちら
イタリア旅行を1000倍楽しむ!ボンジョルノ!ローマ
***************************************

投稿コロッセオ最上階40年ぶり一般公開@ローマ海外旅行保険 の最初に登場しました。

ページ上部へ